ミオドコーパについて

ミオドコーパの分類

ウミホタルの含まれる分類群を示した図

ミオドコーパ(Myodocopa)は、甲殻綱介形虫綱に属する亜綱subclassです。1866年にSarsによって提唱されました。 ここではミオドコーパという言葉をミオドコーパ目(Myodocopida)に含まれる動物、という意味でも使用しています。

分類は基本的に形態の差異によって定められるもので、明確に識別できる形質を分類の鍵として用います。形態の近いものを結びつけてグループ化したものが分類群で、さらに形態的特徴が似ているグループを結びつけてより上位のグループを定められます。様々な分類階級(界、門、綱、目、科、属、種)が階層構造になっていますから上位の分類階級が一致しないものほど離れたカタチをしている、という事になります。

ウミホタルを例にとって、含まれる上位分類群というものを具体的に示します。右図は様々な種類がいるミオドコーパの中から1亜綱2目5科7属8種を示します。本来は大きさがバラバラのものです。図の都合で同じ大きさにしてあります。一番上がウミホタルです。上の二つ、そっくりな2種。これは同じVargula属に含まれます。形も非常によく似ています。 次に3、4番目の種は上2種とは違う属・Paradoloria、Skogsbergia属に含まれます。太かったり細かったり、ウミホタルとはややカタチが違っています。ここまで示した4つが共にCypridinidaeという科に含まれます。 5-7番目の種は上4種とはそれぞれ属する科が異なります。科が違うとカタチもバラバラです。ここまでをまとめるのがMyodocopida目。 8番目は目が違い、Halocyprida目に含まれます。8種全てをまとめるのがMyodocopa亜綱となります。

高次分類

節足動物は形態が非常に多様であるため形態に基づく分類が難しい分類群です。外骨格や体節構造、幼生の形態などが基本的な共有形質とされますが、グループによっては共有形質が完全に消失している事もあります。系統関係については歴史的に侃々諤々であり、現在でも諸説ありますが分子系統の発達により再検討が進みつつあります。最近の知見では甲殻類(とされていたもの。従来から多系統であるとは言われていました)は昆虫類や鋏角類も含めてPancrustaceaという大グループをなしていると考えられています(Regier et al., 2010)。ミオドコーパに近縁と判断されるのは同じ介形虫のPodocopaのほか、Brachiura(チョウ), Pentastomida(シタムシ), Mystacocarida(ヒゲエビ)などで、他の甲殻類や昆虫などに対しOligostracaとして独立したクレードを形成しています。このOligostraca、含まれている生物の形態だけを見ると全くまとまりの感じられないグループではあります。

ミオドコーパの全体像

ミオドコーパは、介形虫綱(Class Ostracoda)に含まれています。介形虫は二枚貝状の殻が共通している事や付属肢の類似性から作られた分類群なのですが、いくつかの研究では介形虫は二つの大きなグループに分かれ、Podocopa, Plathycopaを含むグループとミオドコーパが異なる起源を持っているのではないかと言われています(Horne, 2005)が、より高次の分類から見るとそれほど大きく離れていは居ない様です(Regier et al., 2010)。

ミオドコーパ亜綱には8つの科(Cylindroleberididae, Cypridinidae, Philomedidae, Rutidermatidae, Sarsiellidae, Halocypridae, Polycopidae, Thaumatocyprididae)が含まれます。 ちなみにThaumatocyprididaeはすでに絶滅しており、化石種しか存在しません。

以下がMartin and Davis (2001)でまとめられたミオドコーパの分類です。綱〜科までについて「分類階級 分類名 記載者 記載年」という表記で記しています。ここで示される最低分類階級は科ですから、さらに下位にどっさりと属、種が含まれています。

Class Ostracoda Latreille, 1802

Subclass Myodocopa Sars, 1866

Order Myodocopida Sars, 1866

Suborder Myodocopina Sars, 1866

Superfamily Cypridinoidea Baird, 1850

Family Cypridinidae Baird, 1850

Superfamily Cylindroleberidoidea Müller, 1906

Family Cylindroleberididae Müller, 1906

Superfamily Sarsielloidea Brady & Norman, 1896

Family Philomedidae Müller, 1906

Family Rutidermatidae Brady & Norman, 1896

Family Sarsiellidae Brady & Norman, 1896

Order Halocyprida Dana, 1853

Suborder Cladocopina Sars, 1865

Superfamily Polycopoidea Sars, 1865

Family Polycopidae Sars, 1865

Suborder Halocypridina Dana, 1853

Superfamily Halocypridoidea Dana, 1853

Family Halocyprididae Dana, 1853

Superfamily Thaumatocypridoidea Müller, 1906

Family Thaumatocyprididae Müller, 1906

References

Martin, J. W. and Davis, G. E. (2001) An Updated Classification of the Recent Crustacea.

Horne, D. J. (2005) Homology and homoeomorphy in ostracod limbs. Hydrobiologia 538:55-80.

Regier J.C., Shultz J. W., Zwick A., Hussey A., Ball B., Wetzer R., Martin J. W. Cunningham C. W. (2010) Arthropod relationships revealed by phylogenomic analysis of nuclear protein-coding sequences. Nature 463:1079-1083.